日々のたのしみ 『晩酌』の様子をつらつらと♪


by sake-genpachi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

忙しい晩酌

d0051031_13112966.jpgいや~また真冬が戻ってきたような寒さ、息子が風邪をひきそうで心配になるほどです。積雪も昨晩はかなりありましたね。
そんな雪降る中、晩酌用食材を買いにスーパーへ、簡単・便利『一人キムチ鍋・うどん付き』が目にとまり、辛~い鍋で温まることに。具が少ないのでもやし1袋とねぎ1本をプラスしてグツグツしました。膨れ上がったもやしとねぎの山がなかなか崩れず(火が通らない)イライラしましたが、待つ間は【鯉川 純米吟醸 五百万石 うすにごり】を舐めて我慢我慢。

出来上がった鍋を見て『辛いの?辛いの?』と聞きながらせがんでくる息子に、真っ赤になったもやしを1本食べさせると顔をしかめて(笑)離れていきました。
これでゆっくり食べれるんです(ごめん)
辛い野菜と鯉川の可憐な旨味がGOOD、冷たい状態で徳利1本。
【真穂人】は最後の1合をお燗。トロトロでした。(又、自分用に1本開栓します)
昨日はそれでも飲み足らず再び【鯉川】、今度はお燗。
それでも足らずもう1本とも思ったが息子にお風呂をせがまれ、仕方なく終了。
飲んではいますが、なかなかゆっくり晩酌しきれません、もう暫く我慢でしょうね。
人気blogランキングへ一人で息子の面倒もみるのは大変です!!
# by sake-genpachi | 2006-03-14 13:49 | 晩酌のこと
d0051031_10303865.jpgd0051031_10304687.jpg
















d0051031_10311595.jpgd0051031_1032574.jpg
















人気blogランキングへ「飲んでるときの顔」って本当にいいもんですね!!
# by sake-genpachi | 2006-03-12 10:33 | 飲み会のこと
前回からの続き・・・
鯉川酒造さんを後にし、午後から向かった先は、同い年の元気蔵。
d0051031_9514965.jpg【楯野川】醸造元・楯の川酒造さんにお邪魔しました。
丁度1年ぶり、蔵の入り口がビニールシートで覆われ、なにやら作業をしているおじさん達が数人。今年の記録的な大雪で屋根が圧迫され入り口が開かなくなってしまった為とのこと、あまり雪の多くない庄内地方でもこれですから、改めて今年の冬の厳しさを目の当たりにした気分でした。
いつもの社長室にて挨拶もそこそこに、ここでも最近の店の状況、お酒の動きなどをお話させていただき、あ~だ、こ~だ、言いながら、今年の楯野川の商品構成、田んぼの話等々話込みました。
色々な変更点があり、驚きながらも『利き酒タイム』、今年の大きな変更点の一つ、使用米を『美山錦・出羽燦々・山田錦』の3本柱とするとのことで、以下それぞれの使用米を堪能させていただきました。

d0051031_1011915.jpg★中取り純米 美山錦 55%
★純米吟醸 出羽燦々 50%
★純米大吟醸 山田錦 40%
3点利き酒させてもらいました。
純米・純米吟醸ともに今年は非常に落ち着いた香り(去年までは出羽燦々使用になると派手だったので)で好印象、まだ火入れして1ヶ月そこそことの事で、後味の苦味はありますが通年で販売していく商品としてはこれくらいが好ましいでしょう。
今年初めての、山田錦40%(とモロミ中の35%の)純米大吟醸はより渋く、夏を過ぎた辺りから発売していく商品としてふさわしい味わい。
3点どれを飲んでも大きなインパクトはありません、がだからこそ『飲み続けられる』お酒としての存在価値は高いと思います。
今年の【楯野川】も、是非ご期待下さい!!

追伸・【楯野川】はすべて、写真2のヤブタ(酒搾り機)によって搾られ製品として出荷されています。このヤブタの斜め反対側には3槽の木槽が並んでいますが(写真なし)今は全く使っていないとのことです。

人気blogランキングへまたまた美味しいお酒が入荷いたします
              (^0^<飲みすぎますよ~

# by sake-genpachi | 2006-03-11 09:44 | 蔵訪問

朝から元気に蔵見学

皆様、お祝いのメッセージ、お電話ありがとうございます。
この場を借りまして御礼の言葉とさせていただきます。

昨日3月8日は快晴(定休日)、子供が生まれたばかりですが病院よりも先に向かったのは蔵、本当なら先週お伺いする予定でしたが顔面モアイ現象(粉瘤)の為、延期しておりましたので、妻子を後に回してのお邪魔となりました。
伺った先は庄内・余目の酒蔵【鯉川酒造】さんです。
d0051031_1144163.jpg先月末発売になった【鉄人うすにごり】が好評で終売、純米吟醸の美山錦・五百万石が好調の蔵元さんです。
迎えてくださった佐藤社長には手短に近況を報告、商品構成なども相談し今後の展望なども含めアドバイスいただきました。
山形の数ある蔵の中では数少ない、【お燗して映える純米造り】に重点を置きお酒造りをされている蔵ですので当店には無くてはならない山形酒になっております。
そして昨日お伺いしたのは、【鉄人うすにごり】の早々の完売などもあり、以前からお願いしていた別タンクでのオリジナルうすにごりタンクを選ぶ為でした。
d0051031_1157229.jpg鉄人は五百万石タンクでのうすにごりでしたが、亀の尾、五百万石・出羽燦々、美山錦などのそれぞれのタンクを見せていただき二人で検討した結果、後数日で上槽予定の美山錦タンク分を【うすにごり瓶火入れ】発売させていただく事にいたしました。
蔵人さんにも『お手数ですが・・・』とお願いしてきましたので今月中には入荷すると思います。
熟成用も含めたんまりと注文してきましたので宜しくお願いいたします(笑)

美山錦使用で、柔らかい味わいのうすにごり(になる予定)ご期待下さい。

1枚目の写真は元気な泡ありモロミの泡消しの様子です。醗酵盛んで元気満点、使用米は●●●(まだ秘密)を使用しているそうで、佐藤社長はこのモロミには並々ならぬ期待を寄せいるご様子でした。どんな味わいになるのか私も楽しみになりました。こちらもご期待下さい!!

追伸 G8メンバー&予備軍の方々に朗報です。『実は昨日二人目が生まれまして~』とお話しすると『お祝いに純米大吟醸 亀の尾あげるから飲んで』とあの高価な純米大吟醸 亀の尾をいただいてまいりました。お祝い酒としましてお酒の会の際には皆さんと飲もうと思います、チロリと猪口をお持ちになりお集まり下さい(笑)

人気blogランキングへまたまた美味しいお酒が入荷いたします
              (^0^<飲みすぎますよ~

# by sake-genpachi | 2006-03-09 12:32 | 蔵訪問
d0051031_10522547.jpgえ~私事ですが、本日3月7日午前4時31分、第2子が誕生いたしました。
これまでブログ上で二人目の子供の事は触れてきませんでしたが、母子共に健康で二人目の子を生んでくれた妻に感謝し、ご報告させていただきます。
店に顔を出してくれる常連の方々には『まだか?まだか?』とせかされていましたので、やっと報告ができホッとしております。

第2子の妊娠が分かってからは、好きなビールと日本酒は断ちながらも、せっせと飲み続ける私の晩酌の肴だけは作りつづけてくれました(笑)【お陰で晩酌ブログが継続できているわけです(感謝)】

写真を見ての通り、第2子も元気な男の子。ますます賑やかになります。
(妻は女の子を望んでいたようですが、そう望み通りはいかないものです)

昨日も夜まで炊事洗濯、接客をしてくれていましたので、ゆっくりと静養し、愛情一杯の子育てをしてもらおうと思っています。その間、私は一人営業しながら、長男との戦いの日々となります。是非お時間のある方は子守がてら店にお立ち寄り下さい(笑)お待ちしております。

簡単ですが、ご報告とさせていただきました。

追伸 仮眠を終え、約束の5時に病院に向かう私の携帯に妻からの電話・・・・・・・
その時の疲れ果てたような『もう、生まれたから・・・』の声が耳に焼きついています(爆

人気blogランキングへ立会い出産のはずだったのに、またしても・・・この事は一生言われ続けます・・・(ーー)
# by sake-genpachi | 2006-03-07 10:50 | 息子のこと

再び、蔵訪問記

モアイの呪縛からなるべく遠くに逃れる為、本日もUPします(笑)
悩んだ挙句、本日はこちらのお蔵。川西町の中沖酒造さんです。d0051031_14112968.jpg今は路肩の雪もほとんどなくなりましたが、私がお邪魔したこの時期の川西町は路肩からはみ出した雪で道幅が狭くなり、運転するのも苦痛な状況でした。その時に比べれば大分雪は解けているのではないでしょうか?それとも南陽地区はまだ酷い??
このように山形県内でも雪深い地域で、こつこつと地味ではありながらも心に染みるお酒造りをされている蔵が【羽陽一献】醸造元・中沖酒造さんです。
当店での取り扱いは、この蔵の中心商品(になっていって欲しい)【羽陽一献 山廃純米原酒】の1升とカップ酒のみですが、常温~お燗で楽しめるお酒として活躍中です。

d0051031_14232058.jpgこの日は丁度、試験場の先生方の巡回指導が終わったあとの訪蔵でしたので、利き酒の時に鑑評会出品酒になるであろうしぼりたてのお酒なども利かせてもらいましたが、中沖酒造さんに私が求めたい味わいとは違っていましたので率直に『この香りは~中略~イメージと違う』とお話させていただきました。
先ほども書きましたが『地味ながらも~』の味わいがこの蔵のアピールポイントではないかと勝手に思っていますので幾ら出品酒でも・・・。蔵に戻って3年目の高橋さん(息子)とは、前回も今回も終始「こうしてほしい、あ~したらいいのかも、こうするのはどう?」といった感じで喧々諤々やってきました。何度も会った訳ではありませんが、それだけお互いの思いを率直に言い合える関係であることを嬉しく思っていたりもします。

中沖酒造さんのお酒は、蔵のこれからを背負う高橋さんが『ウチの一献はこうありたい』とお酒の方向性をクリアに打ち立てたとき、一皮も二皮も剥け、今以上に温かみのあるお酒を造り上げてくれるに違いないと期待しています。是非、応援してください。

でも~その前に、ウチが一皮二皮剥けなきゃな~(爆笑)

人気blogランキングへ顔の腫れはほぼなくなりましたが、まだ飲めない(ーー)
# by sake-genpachi | 2006-03-03 14:06 | 蔵訪問

書きながら思った事・・

額の痛みも大分治まり、同時に顔の腫れも落ち着いてきましたので、そろそろモアイ像のような写真には後ろに回ってもらおうと思いまして(笑)、先月お邪魔していた蔵の写真を少しUPします。
d0051031_11292897.jpg酒造好適米『出羽燦々』にこだわり酒造りをされている蔵
【雅山流】醸造元
新藤酒造店さんです。
雅山流のフラッグシップ『極月』は飲み手をアッと驚かせるほどのパワーのある香りをまとい、同時に薄っぺらではない重厚な口当たりで飲み手の口中を刺激し、酔い心地の良さを演出してくれる人気のお酒です。去年、16BYは火入れにて3月頃発売になり5月には蔵元完売という驚異的人気のお酒となってしまっています。【今年もそろそろ発売となる頃ですが、発売前から品薄は確実で、ウチもだめもとで予約注文だけは済ませました(笑)】
d0051031_11474534.jpg 【洗米時の写真です】
写真にありませんが一部増築された真新しい仕込み蔵と、山形県内一と試験場の先生方が太鼓判を押す、機能的に設計された麹室を贅沢に使用しています。
雅山流はどれを飲んでも綺麗な口当たりの吟醸酒ですが、蔵内の清潔さが酒質にも反映されているのがよ~く分かります。   d0051031_1154295.jpg
      麹室での専務
私がお邪魔した日は丁度、東京農大の研修生が蔵仕事をされていましたので、いつも以上に丁寧な解説付きで見学させていただきました。

今、新藤専務のように若い造り手が蔵に戻り、自らが造りの中心となり酒造りをすることは珍しくなくなったのかもしれません。しかし、このような動きの発信地に山形があるのではないかと思います。その発信地で蔵の若い方々と近くで接していられる喜びを噛み締めなおし、これからは自分自身の思いのたけをぶつけていくことも必要だな~、などとブログを書きながら思いを新たにしております(終)

人気blogランキングへ晩酌できるのはもう暫く先のようです・・・(辛)(^0^)
# by sake-genpachi | 2006-03-02 11:22 | 蔵訪問

痛い事になってます。

d0051031_1241196.jpg今の僕です。
顔が太ってしまった訳ではありません。
痛い事になっています。
額にできたデキモノ(粉瘤)に細菌が侵入して化膿してしまい顔の半分以上が腫れあがってしまい、先ほど切開してきました。
今回のデキモノは盛岡出張前からあったものです。でも、いつものことだ~、と甘くみてしまい体調が悪い(熱、目の周りの痛み)にも関わらず、激しい飲酒を続けました。その為もあり悪化し日曜あたりからは目の周りから腫れ始め、どんどん膨れ上がり既に皮膚科の先生では手に負えず、紹介された外科にてすぐに粉瘤の袋とその中の膿を出す為の切開となってしまいました(痛~)
当分の間通院し、治療する事になるみたいです(汗)
勿論お酒を飲むなどもってのほか、『頭に近いから安静にしてないと入院だぞ』とまで忠告されてきました。

と言うことで大人しくしているしかありません。

残念ですが夜の晩酌生活は暫くお休みとなります(1週間位禁酒かな~)
お酒を抜くのが久しぶりでちょっと焦ってはいますが、額が痛くなるので我慢。

明日の蔵訪問も延期しましたが(来週にしてもらいました)
休まず営業はしてますので宜しくお願いいたします^^

人気blogランキングへ暫く晩酌抜きで、家庭に奉仕してみます(^0^)
# by sake-genpachi | 2006-02-28 13:06 | 家庭のこと

お手伝い

d0051031_955799.jpg金曜日はお休みし盛岡に行ってまいりました。大変お世話になっている蔵『南部美人』の営業課長より【南部美人を楽しむ会】があり「普段全く役にたたない源八さんでも(笑)この日だけは人手が足りないからお手伝いして~」というまったく意味の分からないお願いをされての事です。
300人を超すお客様をお迎えし、凄い熱気の中でのお酒注ぎ、写真のお酒はこの日だけの為に用意された秘蔵酒。
【南部美人 大吟醸 10年古酒】
【南部美人 純米大吟醸 12BY】
など、普段なかなか手の伸びない価格帯のお酒の、しかも古酒がたっぷりあり、お客様の皆さんは楽しそうに飲み比べされていました。お燗器も用意されていましたので「これお燗すると、○○に良く合いますよ!」なんてお話し、温度帯の違いも楽しんでいただけていたように思います。

『12BY』『15BY』のラベルが見えますが、これをみたお客様が「12年物の古酒下さい」「15年物の古酒下さい」とくるのが多かったのにビックリ。こうこうこうですよ、と説明させていただきましたが、『秘蔵酒コーナ』のブースに『12BY』とあれば『BY』=『古酒』なってしまいますよね。少しでも、この疑問を解決してお帰りになったお客様にはこれまで以上に楽しい日本酒ライフを過ごしていただけるんではないでしょうか^^¥

日本酒注いで数時間、満足気なお客様をお見送りした後は自分も盛岡の夜に満足させていただく為に飲みまくりました。もつ鍋、しゃぶしゃぶ、珍味をつまみながら色々飲んだので羅列だけします『いづみ橋 海老名こうち』『睡龍 生酛純米』『はなぶさ 英』『あんちっく 古酒』『南部美人 芳梅』『庭の鶯 純米』『神亀 純米』・・・・・覚えているのはこんなところ。遅い時間までた~っぷり飲みまくりでヘロヘロ。

勿論翌日、昨日は午前中から店に立ってましたので、体の疲れはピーク。
夜はお酒を飲まずとも爆睡でした。

人気blogランキングへお酒は美味しく楽しく、お水をとりつつ飲みましょう(^0^)
# by sake-genpachi | 2006-02-26 09:48 | 飲み会のこと

ただ何となく・・・

d0051031_1858348.jpg昨晩は大事に大事に飲んでいるこのお酒
   【山形正宗 純米吟醸 稲造】 16BY
からスタート。派手なお酒ではありません、ウチの山形吟醸の中でこの稲造はむしろ穏やかでさえあるように感じます。冷たくして飲んでいますが、『フ~ッ』と力を抜いて飲んでいられる吟醸酒になっています。
今年の稲造はどうなっているんでしょうかね?蔵にも最近行っていないからな~、まだモロミの状態なのかな???どうなんでしょうか。
そろそろ蔵にお邪魔して”真剣な”トークをしなくちゃな~(笑)近いうちに伺います。

d0051031_1911681.jpg疲れた様子で色々なモノを用意している。その横でやかんにカップ酒をしつけて稲造を飲み終える。
【神亀 亀カップ】を熱めにお燗し、肴をつまみつつ飲む。でも、飲みながら???
何で今日は亀カップにしたんだ~???
自分でも分からないが、稲造を飲みながら『今日はカップだな!』とかって考えたんでしょうね(よく分かりません)
ん~、それにしてもこの亀カップは良く出来ているように思いますよ。どんな飲み方をしてもたのしめます。すんごいカップ酒ですよ、本当に!!

人気blogランキングへお酒は美味しく楽しく、お水をとりつつ飲みましょう(^0^)
# by sake-genpachi | 2006-02-23 19:23 | 晩酌のこと