日々のたのしみ 『晩酌』の様子をつらつらと♪


by sake-genpachi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

岡山「 ラ グランド コリーヌ ジャポン 」大岡弘武さんを訪ねました ☆ 媚薬のような大岡味の秘密が、ワイナリーの随所に隠れてました!

おはようございます!


d0051031_08553056.jpg


前日からの「 蔵訪問 」繋がり…満月会議とその打ち上げ模様はまた持ち越しますw…今朝は、岡山にワイナリーを作り、ワイン造りを始められた大岡弘武さんの「 ラ グランド コリーヌ ジャポン 」を訪ねました!


d0051031_09014755.jpg


岡山駅から車で30分くらいの場所に「 岡山空港 」があり、そこから5分くらいの山間の場所 ちょっと前まで「 コメ 倉庫 」として使われていた建物の中が ワイナリーに変身していました!


d0051031_09043003.jpg


フランスワインとして「 ル カノン 」「 ラ グランド コリーヌ 」名義で、僕等界隈では広く知られる大岡さんが、「 日本でワイン造りするんだってよー 」「 なんだか岡山でワイン造るんだって 」と話が聞こえてきたのが2・3年前…

去年の今頃は「 ル グランド コリーヌ ジャポン ・初リリース 」の案内が回ってきていたような気がします!


d0051031_09092434.jpg


初リリースとなった「 マスカット オブ アレキサンドリア 」を使ったペティアンは、「 フランスで造っても、岡山で造っても、大岡さんは大岡さん! 」と感じる味わいでした!

かなりの暴れ馬に、てこずってしまた方もいるかも(笑)

これからリリースとなる「 2年目のペティアン 」は、その辺りは上手に修正されてますw

d0051031_09120174.jpg


そして今回ようやく、満月メンバーと一緒に大岡さんのところにお邪魔出来た訳ですが、ワイナリーの中をずらっとみせて頂いて、その随所に媚薬のような「 大岡味 」の秘訣があったような気がします!


d0051031_09172194.jpg


この絞り機はフランスから持ってきたそうですし…


d0051031_09185894.jpg


この 時をためた樽の佇まいたるや…


d0051031_09193424.jpg


ふっかふかのカビ…年季が違います!!!


d0051031_09203782.jpg


この日は、発泡・白・赤・なかには甘口もありで 様々試飲させて頂きました…どれを呑んでも「 ワインになっているワイン 」の数々…自分の目の前で、直接グラスにワインを注いでくれているのが大岡さん本人という現実に、少〜し クラクラしてました(笑)



d0051031_09260542.jpg


大岡さんが、日本での造りを2シーズン終えて いま感じていること…初年度は、大岡さんでも「 初めての日本 」かなり緊張しながら造りをしたそうです…日本の良さ、岡山の良さと、フランスとの違い、これからの課題等々、興味深いお話を沢山聴かせて頂きました!


d0051031_09294688.jpg


近々、2年目となるペティアンの他、白・赤・合計3アイテムを同時に発売する予定だそうです…一足お先に味見させて頂きましたが、「 やっぱ やるよなぁ 」( 何故か上から目線になってますがw )…どれもこれもが大岡節、流石の仕上がりでした!!!

愉しみに待ちたいと思っています!


d0051031_09372483.jpg


ワイナリーから歩いて数分の場所には、まだまだ植えられて間もない葡萄木がありました…子供の成長を見守るのと同じような気長さで 畑での作業をされているようでした…当然ですが、この場所での5年後、10年後、その先を見据えてのワイン造りをされているんです!


d0051031_09483179.jpg


ふと 大岡さんの口から「 子供が3人いて、うちの子供達3人を含めて、全校児童が12人の学校に通ってますよ 」と聞いた時、フランスでワイン造りをしてきた大岡さんの「 日本でのワイン造りに対する覚悟 」を感じ、グッとくるワイナリー訪問となりました!


ホント 行けて良かった、有難うございました!


日本ワインを、これから益々面白くしてくれそうな「 ラ グランド コリーヌ ジャポン  」を一緒に追っかけていきましょう!!!


それでは本日も、どうぞ宜しくお願い致します。


源八

by sake-genpachi | 2018-11-11 08:54