毎日の楽しみ 『晩酌』の様子をつらつらと♪


by sake-genpachi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

d0051031_13132155.jpg


人気blogランキングへ毎晩の晩酌が、次の日の活力へ繋がります!
by sake-genpachi | 2006-11-27 13:16 | 晩酌のこと

頂き物の食材で鍋~♪

d0051031_9193189.jpg
採りたての太~い葱とでっかい白菜はお客様の農家さんから差し入れ、タイミング良くいつものS氏からは牡蠣の差し入れがあり、当然夜は”牡蠣鍋♪”

最初の1杯に選んだのは『 山形正宗 純米吟醸 稲造 17BY 』
柑橘系レモンの香りに、まだ若いメロン様な香りが印象的、それ程ボリュームは高くありません。ファースト・アタックはソフトで滑らかなので一口分にしては少し多めに口に入れてしまう。するとキュっとしまった酸味が口中を刺激して、同時に微かにトロミも感じさせ喉を滑り降りていきます。後口はその酸味とフレッシュな果実系の甘味が混在しながら、若さによる苦味がじんわ~り残りますが、その余韻がもう1杯へと繋がりgoo×2!

この辺で、メインの”牡蠣鍋”がグツグツ~♪
隣に並べたKOIZUMIお燗器も準備OK~♪

白菜・葱・大根・人参・えのきがたっぷりの牡蠣鍋をつつきながら飲んだのは四国のお酒『悦凱陣 純米吟醸 雄町山田 火入れ 16BY』と『旭若松 純米 生原酒 雄町山田 16BY』(旭若松は悦凱陣訪問の際に地元酒販店さんで購入してきたもの) どちらも雄町と山田錦をそれぞれに使用した意欲作
『脱いだら、凄いんです』的な悦凱陣と『脱がなくても、服の上からでも分かるから~』的な旭若松、といった印象(笑)

それにしても、この飲み比べをちゃちゃっと卓上で実現させてくれたKOIZUMIお燗機、かなりの優れものですよ~♪丁度同じ温度で飲み比べできるんですから!

内緒で買ってしまい『またこんなもの~』と邪魔がられるかなと心配していた妻の反応も上々で一安心、あとは子供が引っくり返して、火傷しないように置き場所・配線の考慮が必要だな~(汗)

人気blogランキングへ毎晩の晩酌が、次の日の活力へ繋がります!
by sake-genpachi | 2006-11-26 10:06 | 晩酌のこと
d0051031_1033354.jpg


人気blogランキングへ毎晩の晩酌が、次の日の活力へ繋がります!
by sake-genpachi | 2006-11-25 10:34 | 晩酌のこと
d0051031_9124627.jpg
シャンパーニュ飲んでみたり、お燗酒飲んでみたり。

コルク栓を押し込んで、冷蔵庫で保管していたボジョレーは思いのほか美味しく(日を追うごとにやや味わいのは薄れましたが)、約1週間通して愉しませてくれました(一昨日には2本とも完飲) 
大抵晩酌は息子2人を一緒に風呂に入れてからですので、風呂上りの火照った体にキリッと冷やしたグラス1杯の赤ワインが大変美味しく感じられgoo。フレッシュさがうりのボジャレー・ヌーヴォー、尚の事美味しいんです。 

昨日はもう2本ともなくなっていたので飲めず、妙に寂しい感。これには妻も同意見。今晩辺りまた開けてしまいそうです(笑)

『秋鹿 山廃純米吟醸 2004』を飲んだ夜は、隣の焼鳥屋の『豚足』が最高のマリアージュ♪
妻は一口食べて『あとはいい』と口をつけませんでしたが、豚足の脂分のトロトロととんこつの香りが充満したところに、熟成した秋鹿が入ると、トロトロの脂分を酸味が切り上げ、独特の風味(臭み)を味わいが丸め込み旨い!

『悦凱陣 純米無濾過生原酒 赤磐雄町 17BY』は最後の1合半 熱めにお燗しましたが、日本酒度+10がウソのような旨味(甘味)、燗冷まし辺りでは満開でした~。これにてこれはおしまい。≪店頭の『悦凱陣 純米無濾過生原酒シリーズ』も全て17BYは完売です≫

『天遊琳 手造り純米 伊勢錦 2002』 コチラもタップリお米の旨味が出ております。熱~くしてあげるとお酒がキオツケしてくれます、旨い!ひれカツに大根おろし醤油をつけてこの天遊琳、gooです!

さてさて、昨晩は例のお燗機初使用で晩酌済み。。。素晴らしいデスネ(笑)

人気blogランキングへ毎晩の晩酌が、次の日の活力へ繋がります!
by sake-genpachi | 2006-11-23 09:14 | 晩酌のこと
d0051031_1261864.jpg
昨日は夕方より米沢市へ! 
酒田の『上喜元』佐藤正一社長兼杜氏をお招きし、これまたお世話になっている『加津』さん企画の会のお手伝いに行ってまいりました。

会の初め、社長の挨拶の中でこんな話が・・・『上喜元』(じょうきげん)、今でこそ地元の年配の方にも(じょうきげん)と読んでもらえるようになりましたが、昔は『上喜元』は(うわき・もと)と言われていたんです~、でもそれは今ではいいえて妙で、「うわき」癖があるかのように色々な酒米に挑戦するようになっていて、今現在蔵では17種類の酒米・飯米をつかってお酒を造っています~・・・なんて初耳な話も聞けました。『上喜元』=うわき・もと、確かに読めますね(笑)

昨晩は多品種あるお酒の中から厳選した酒米 (山田錦・雄町・出羽燦々・八反・神力)の50%精米のお酒の利き酒からスタートしました。旨味が横に広がるもの・縦に広がるもの、酸の強いもの穏やかなものとさまざまで愉しんでいただけていたようです。

宴では趣向を変えて、山田錦使用の精白違いを60%~35%まで5%刻みのお酒と『加津』さんのお料理を堪能していただきました。出品酒の中には自家熟成の「純米 山田錦60% 12BY」と「純米大吟醸 山田錦45% 14BY」もはめ込み、それぞれの17BYとの比較なども。これが思いのほか好評、12BY純米は地下熟成でしたが、綺麗な熟成感がでていて50度位に燗して◎、氷温熟成の14BY純米大吟醸は、落ち着いた吟醸香とフィニッシュの丸みが素晴らしく皆ビックリ!その場で数本のご注文もいただきました(ニンマリ)

また昨晩は女性男性を問わず『梅酒』が大ヒット、『上喜元 梅酒』と『やまがた 梅酒』の2種が発売になり店頭でも売れまくっていますが昨晩も凄かった!
初めは冷たい状態で飲み比べ、勿論両方『美味しい~』の連呼です(笑)
その歓声が続く中、今度はそれを燗・割り水燗・・・・すると『これすご~い』『温めてもいいんだね~』『さっきよりもっと美味しいかも~』と喜びの声をいただけました!
社長も梅酒の燗は初めてだったらしく、営業でオススメ出来るとニンマリ!
僕はお客様からの梅酒のご注文にニンマリ!

そんなこんなで盛り上がり、僕自身もお客様からの反応を肌で感じる事ができた有意義な会となりました。
2次会では社長より『また来年、この時期に米沢で』との嬉しいお言葉もいただけましたので、これまで以上に『上喜元』を身近に愉しんでいただければと思います。
ご参加くださいました皆様、どうもありがとうございました!

人気blogランキングへ毎晩の晩酌が、次の日の活力へ繋がります!
by sake-genpachi | 2006-11-19 12:16

今晩はやっぱりコレ!

d0051031_19512624.jpg
11月16日(木)解禁のボジョレー・ヌーヴォーをこれから飲もうと思います。
by sake-genpachi | 2006-11-16 19:55 | 晩酌のこと
毎月第二土曜の晩、幼馴染が集まり
閉店後の店内にて行われているお酒の会が『酒会』です。
もう既に5年ほどになるでしょうか。
初めた頃は、現在の源八がありませんでしたので友人S宅が集合場所となっていましたが、現在では使い勝手の良さから(?)店に集まりとっかえひっかえお酒を酌み交わしています。

この晩はS氏特製”スキヤキ風鍋”がメイン、先月腕をふるったO氏は今月はサブにまわり、酒の肴を数品つくってきてくれました。

僕ら『酒会』の合言葉、『とりあえずビール』ならぬ『とりあえず白酒(しろき)』で乾杯♪です。シュワシュワの発泡感と、グレープフルーツのような酸味と甘味で口の中がサッパリです◎
少数精鋭5名で分け合いますから、500mlのスタイリッシュボトル入り白酒(しろき)は一瞬で完飲です。
=次は⇒『松の司 純米吟醸 アゾラ』 これもキリッと冷えた状態でサーブしました。心地良く立ち上る白桃のような吟醸香が素晴らしい~ 一口含むとキリッと締まった酸味が口中をひきしめてくれながら清々しい旨味が広がり◎ フィニッシュの心地良さが秀逸です!アテは必要なし、『アゾラ』だけで十分です(笑)

この辺から鍋にも火が通り、肴に箸がのび始めました。

=次は⇒『喜久酔 純米吟醸』 これまたキリッと冷えた状態から 松の司に比べ酸味がやや穏やかな印象ですが香りのボリュームも若干穏やかになっていますので『鍋』をつつきながらでもOKです。

喜久酔の開栓と同じくらいにお燗器で瓶燗したのは『睡龍 純米吟醸 瓶燗 17BY』 (写真は燗する前) 酒らしい酒『睡龍』のラインナップにあって、この17BY純米吟醸は可愛らしいお酒でした(笑)あまり熱くしすぎないようにして頂きました。お燗スタートの1本目にバッチリ◎
ここからは自由行動、思い思いに呑み進めます。
d0051031_1015299.jpg

この辺り、”イイ”顔の撮影会時点で皆(自分も含め)かなり酔ってました。写真もブレブレです(笑)一応、皆にお気に入りをもって写ってもらいました。
”イイ”顔してますよね?特に最後の写真の、中央のS氏
●カ・●ーラかなんかの、CMみたいでしょ(爆)
d0051031_1021867.jpg

人気blogランキングへあ~また来月も楽しみだ~♪
by sake-genpachi | 2006-11-12 10:03 | 飲み会のこと

+13.5

d0051031_910461.jpg
『よ~し今晩は純米酒を呑むぞ~』と夕方からそわそわ(笑)

つい先日、東北巡礼の際に足を運んでくださった久保本家酒造の久保社長に敬意を表し?、今月入荷した『生酛のどぶ 仕込み20号 +13.5』を開栓
冷蔵庫から持ち出して帰る、濁りをなるだけ混ぜないようにそ~っとコップに注ぎ一口呑む・・・すると・・・日本酒度が大分切れているお酒だからでしょうか、口中にgooな酸味とフワッと小さく滑らかなお米の旨味が顔を出しズバッと切れる。この仕込み20号もイイですね~ 冷えたままで2合スルッといってしまいました(怖) 呑みすぎてしまうお酒です!

人気blogランキングへ毎晩の晩酌が、次の日の活力へ繋がります!
by sake-genpachi | 2006-11-09 10:07 | 晩酌のこと

余韻に浸りつつ

d0051031_8491224.jpg
純米酒を呑みすぎた翌日
1go-tokkuriさんからお土産に頂いた、ホテル西洋銀座の不思議食感洋菓子『銀座マカロン』をつまみに、BBの『オクトーバーフェスト ラガー』をグビグビッ!


人気blogランキングへ毎晩の晩酌が、次の日の活力へ繋がります!
by sake-genpachi | 2006-11-07 08:54 | 晩酌のこと

風邪の菌が一家を襲撃!

d0051031_9534077.jpg

子供達の風邪が私達にも直撃してしまい、週明けの月曜から喉の痛み・鼻水・腹痛・発熱でゼッ不調。すぐ病院に行き薬を投与、夜の晩酌も控えてました。
今だ子供達は青っ鼻を垂らし、親達は鼻声ですが3日かかってどうにか回復してきた感じです。

やっと良くなってきた昨日は『快気祝い』も兼ねて(笑)、毎年11月に出荷される【上喜元】の県内限定酒『翁』を開栓(ラベルは源八オリジナル、去年とも若干色合いが変更されています) 二千円を切る価格ながら、しっかりした吟醸香と清々しく流れるような呑み心地で毎年人気のお酒です。今年の『翁』は去年と比べ、若干香りが大人しく、新酒ではありませんが新酒のような、若々しさにあふれたお酒に仕上がっています。

元気をつけるぞ!ということで昨日は『キムチ鍋』でしたが、食前のグイッと1杯に『翁』はもってこいですね~◎ 久しぶりのアルコールで体が「ブルッ」と震えてました(笑) その後は、ゆっくり鍋をつつきつつ『真穂人』のお燗。キムチが入り辛~い鍋、味のしみたたっぷりの野菜や豚肉を食べながら、米の味わいがたっぷりでた『真穂人』もこれまた最高!
たっぷり汗をかきつつ、〆の雑炊まで食べてしまった晩酌となりました。

写真左は風邪を引きダウンしてしった前の晩の晩酌。仕事で出張していた義父からのお土産の『駅弁』をつまみつつ、冷蔵庫に残っていた食材での晩酌(月末、予定していた食費をつかいきっていたため) 体がちょっとダルク、喉にも少し痛みがあったものの、折角酒の肴が沢山あるんだから・・・と理由をつけて、まず最初『くどき上手 超辛口 吟醸 ばくれん』をコップで1杯。このお酒も試飲用に開栓して大分経つお酒、開栓当初より香りのボリュームは落ちてはいるものの、飲み込んだ後のグーッと迫ってくるような厚みのある辛味は健在で旨い!

これで調子が悪い事など忘れてしまい、続けて『いづみ橋 山廃純米』をお燗。これまた秋の食材と良く合うこと~、調子にのって呑んでしまいました(笑)

この翌朝から、最悪の3日間を迎えることになってしまったのです(爆)

人気blogランキングへ毎晩の晩酌が、次の日の活力へ繋がります!
by sake-genpachi | 2006-11-03 09:54 | 晩酌のこと