「ほっ」と。キャンペーン

毎日の楽しみ 『晩酌』の様子をつらつらと♪


by sake-genpachi
カレンダー

<   2006年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

晩酌三昧

d0051031_1111292.jpg【火曜の晩】















d0051031_11114286.jpg【水曜の晩】















d0051031_11115482.jpg【木曜の晩】
















人気blogランキングへ毎晩の晩酌が、次の日の活力へ繋がります!
by sake-genpachi | 2006-09-29 11:17 | 晩酌のこと

BB入荷

d0051031_10524482.jpg
【ベアードビールの哲学】
私達の造るベアードビールを突き詰めるとフレーバーを経験する事である。モルト・ホップ、酵母のフレーバーを強調し重要視している。手造りのベアードビールは全種類全て「バランス+複雑さ=個性」という同じ公式に基づいて造られている。私達はフレーバーと個性に満ち溢れたビールを造ることに情熱を捧げているのだ。風味のつまらないビールを決して造らないし、例えそれが万人受けしなくても構わない。私達は小さな規模で、丹念に、情熱を込めて、また伝統に畏敬の念を持ちながらビールを生産している。私達がベアードビールを造ると同じ位に、お客様一人一人がベアードビールと飲むことを楽しんで頂けたらと願う。乾杯!

お待たせしました!以上のメッセージが込められたBB入荷しました!

人気blogランキングへ毎晩の晩酌が、次の日の活力へ繋がります!
by sake-genpachi | 2006-09-29 10:53 | 新アイテム
d0051031_16295619.jpg土曜の晩
真ん中の玉 は”爆弾”ではありません。

この夜は呑み会もなく、何時も通り自宅で晩酌、帰宅すると、ジャガイモがたっぷり詰め込まれたお手製コロッケがゴロゴロゴロと机の上にのってました 見ただけでお腹がいっぱいになりました(笑)
お酒は『羽前白梅 純米 穂の香』
とりあえず冷たいのをコップで1杯、微かな吟醸香と清々しい呑み口でスパーッときて◎ 多分16BY 素朴で好印象。

枝豆は羽前白梅 羽根田さんの蔵がある、鶴岡のダダ茶豆ではありませんが、地元産の秘伝豆、この豆も風味豊かで、甘味があって旨~い!お燗すると白梅は伸びのある優しい甘味が表に出て、豆だけつまんでいれば、いつまでも呑んでいれそうな、そんなお酒でした。

日曜の晩
この日は久しぶりにS氏と外出、僕は長男を連れて、S氏は彼女を連れて、お客様のお店へ
d0051031_1656419.jpgd0051031_16564855.jpgd0051031_16565614.jpgd0051031_1657367.jpg







d0051031_16571492.jpgd0051031_16572114.jpgd0051031_16572896.jpgd0051031_16573517.jpg







d0051031_16584341.jpg写真におさめた油モノ(これ以外にも食べたな~)をつまみながら、呑んだのはラベルが傷ついた『竹鶴 雄町純米』
【呑み切りのお客さんが多いという事で、四合瓶のみですが、日本酒・焼酎、色々置いてくれています】
これを熱~くしてもらって、S氏と2人で極楽気分!どれを食べても◎嬉しくなります!
それにしても、この雄町純米は力強いですね~、これでもかっ!と云わんばかりの味わいです。
*ニコニコの大人を横目に、長男はアイス


d0051031_17115745.jpg月曜の晩
前日、次男の体調不良で一緒に行けなかった妻への罪滅ぼし・・・って訳でもないんですが、この日は鰻弁当。丁度配達があったので寄ってきました。

お酒は、入荷ホヤホヤ『東北泉 純米 山形酒86号 17BY』 初年度の去年同様、口に入れると”甘い”と思わせてくれる甘味が今年もある、この甘味がこの東北泉版86号の良さだと思う。
甘いけれどいつまでも残るような、そんな甘さでは勿論ないので、量的にもススムススム!
途中温めてみたが、昨日は冷たいほうが良かったのでひたすらそのまま猪口で。

人気blogランキングへ毎晩の晩酌が、次の日の活力へ繋がります!
by sake-genpachi | 2006-09-26 17:43 | 晩酌のこと
d0051031_913754.jpg水曜の晩
この日は『G8の会』で料理人に徹して腕をふるってくれたH君を御礼を兼ねて、リクエストの焼肉屋へご招待。
『御礼に飯食いに連れてくけど何イイ?』と尋ねると即答で『焼肉がイイ』とのこと、実家が魚屋なので魚料理はNGみたい(笑)
肉をガンガン頼んで、H君には『もう無理』と言うまで食べてもらいました。その代わり、次の会の時も料理人としてスタッフ参加してもらう確約は勿論とりつけました!



d0051031_914860.jpg木曜の晩
前日はH君にご馳走する事をいいことに、僕まで肉を食べ過ぎた為か閉店間近まで調子があがらず↓
ついでに長男も、最近の朝晩の冷え込みで風邪を引いてしまってグズグズ↓

シャキッとしなきゃな~ということで、晩酌では『カンティリョン グーズ』 
すっぱ~いランビックで闘魂注入?(晩酌の時に戦闘モード)のつもりでしたが調子は上がらず↓
準備した神亀のお燗は8割がた妻のお腹へ・・・


d0051031_915860.jpg金曜の晩
長男の風邪が、一番心配していた次男へも飛び火、2人とも店でグズグズ

連休の週末を控えてか、お客様の出入りも多かった◎ なのに店内は泣き声の合唱 うるさい中で説明を聞いてもらったりして、申し訳ない事に・・

晩酌では、僕らまで風邪を引かないように、ということで体の中から温まれる生姜たっぷりの『豚汁』と野菜の天ぷら

お酒は秋鹿の『山廃純米 山田錦70%&雄町70% 16BY 火入れ』

山田錦を徳利1本呑んで、雄町も徳利1本呑んで、又山田錦と繰り返す。
山田のグイグイ押してくる感じと雄町のボワンとした感じが印象的、でもま~、どちらを呑んでいても野菜の天ぷらがはかどる事は間違いありません(笑)

人気blogランキングへ毎晩の晩酌が、次の日の活力へ繋がります!
by sake-genpachi | 2006-09-23 09:42 | 晩酌のこと
d0051031_13354293.jpg日曜の晩
この日は3日間に及ぶ地元のお祭りの中日、妻の実家に御呼ばれしました。
見ての通り、鯉の甘露煮、鰊の昆布巻き、カラカイ、エゴ・・・・とお祭り料理?が並びました。
僕達夫婦の他にも、近くに住む親戚の叔父さんたちがいましたので、『悦凱陣』を1本差し入れました。『天遊琳』は実家のお父さんの常備酒分です。
ということで、当然この日もお酒がはかどりました(笑)
人が集まってワイワイやる酒も、やっぱり”イイ”ですね!


d0051031_13355755.jpg敬老の日の晩
連休の3日間はお陰様で忙しく、夜は肝臓も忙しく働いてくれたので疲れも蓄積。
近所のラーメン屋さんにて餃子・酎ハイ・ラーメンで〆


d0051031_1336893.jpg火曜の晩
後は後程・・・のつもりでしたが、見ての通りですのでパス(笑)















人気blogランキングへ毎晩の晩酌が、次の日の活力へ繋がります!
by sake-genpachi | 2006-09-20 13:58 | 晩酌のこと
d0051031_18144244.jpg金曜の晩
ず~と続いた肉が切れてしまったので、久しぶりに魚が食べたくて、秋の定番【秋刀魚焼き】
お酒は『悦凱陣 純米吟醸 讃州山田錦 15BY』 1合くらいは残っていると思っていたのに、実際はその半分もない状態。別れを惜しみつつ、ぬるめに温めて猪口でグイッとやって終わり。
相変わらずのしみいる旨さ!
後は純米吟醸の余韻を引きずりつつ、【揚げ茄子のミートソースかけ】なんかをつまみながら、神力米使用の本醸造で呑む。


d0051031_18145256.jpg土曜の晩
肴は肉でも魚でもOK!
『綿屋 特別純米原酒 美山錦 冷卸』は入荷したら、利き酒も兼ねてその晩に呑むと自分の中で決めてました。
昨日がその晩と相成りました。
帰宅後まずは、冷えた体をお風呂で温めてサッパリし、「よ~し呑むぞ!」って感じでした(笑)
猪口に並々と注いだお酒を一口含むと、酸のある旨味がフワッと広がって切れ良くスーッと引いていく味わい 『これこれこれ~◎◎◎』 『待ってました~』と一人大盛り上がりになってしまいました(笑)

≪この『綿屋 冷卸』、間違いなく”イイ”ですよ~≫
あまりに”イイ”ので、仕事があるにも関わらず、一人で四合も呑んでしまいました。冷酒でそんなに呑んでしまうのは最近では珍しい!


人気blogランキングへ毎晩の晩酌が、次の日の活力へ繋がります!
by sake-genpachi | 2006-09-17 19:06 | 晩酌のこと

主催者特権 最終

d0051031_10464639.jpg昨日、一昨日と最高気温が20度どまりで、”涼しい”というよりは”寒い”一日  こんな寒さだと、仕事をしている合間でも頭の中では『”湯豆腐”食べたいな~、一緒に”燗酒”呑みたいな~』ってな具合です(笑)
よって夜は、豆腐・竹輪・えのき・葱、それに日曜以来続いている『名古屋コーチン』を準備して湯豆腐です。
お酒は『いずみ橋 純米吟醸 青恵 17BY』 開栓後3ヶ月をスタンバイ。
でも、これがどうも、苦くてしっくりこない・・ぽん酢をつけた豆腐に味が噛みあわなかった・・猪口として使った漆器から、木の香りが混じって浮いて感じる・・ので1合でやめてこちらに

d0051031_1192859.jpg押入れに入れて大分経った
『神亀 純米 樽酒』
しっかり温めて、同じように漆器で呑んでみました。これが円やかで円やかで、張りもあって、後口にほんのり樽香が絡んで、素晴らしかった!

秋らしくなってきたとはいえ、長袖を着る訳でもなく、真夏の頃と同じ格好の半袖Tシャツを着ているようでは、ここ数日の寒さは応えました(鼻水・くしゃみがとまりません) そんな時は、こんな風に、繊細というよりは、大胆でハッキリした味わいの純米酒を、好みに温めてざっくりと呑む、イイものです!


d0051031_11353879.jpgこれは昨晩の写真、『名古屋コーチン』最終日です。
前の晩、寒い日は『ざっくり純米』が一番イイ、と思いましたが、昨日は無性に赤ワインが呑みたくなってしまいました(笑) しかも、普段は高くて呑めないブルゴーニュの繊細な赤が呑みたくて、赴くまま。
在庫から選んだのは『ドメーヌ ビゾー ヴォーヌ ロマネ 2002』 
奮発した甲斐あり、ボトル1本空にして、大変な満足感に浸れました◎
妻はと言うと、一口呑んで『美味しいね』とは言いつつも、前日の『神亀』を燗して呑んでましたので、昨日も純米が呑みたかったようです(爆)


人気blogランキングへ『呑みたいものを呑めばイイ』ですね!!
by sake-genpachi | 2006-09-15 10:44 | 晩酌のこと

主催者特権

d0051031_1052491.jpgG8酒の会も無事終わり、ホッとした月曜の晩酌写真。
準備した『名古屋コーチン』のブロックが大小4袋も余ったので、主催者特権でいただいてしまいました。これから数日はこれを食べれることになります◎

さらに『烏賊の塩辛』、野菜も準備した残りです。写真上ではお酒だけが僕のになります(笑)
この日は『竹鶴 純米 にごり16BY』を、レンジ熱~くお燗して呑むことに。
多くのにごり成分が沈殿していますので、盃の中も真っ白ですが、口に入れたときの軽やかさが素晴らしいですね~。ズバッと辛口ですので、リズム良くお酒が進みます。それでいて価格も1升2000円(税別)、素晴らしいポテンシャルのお酒です。
モモ肉と葱・人参・牛蒡を『醤油+純米酒』で仕立てた割り下ですき焼き風に焼いていただきました。噛むと跳ね返るような、弾力のある噛み心地と脂の旨味が素晴らしく◎ 肉の予定量がすぐになくなってしまいましたので、もう1本の『悦凱陣 純米吟醸 讃州山田錦50% 火入 15BY』残り2合はお預けで。

d0051031_1120356.jpgさて昨晩も、主催者特権第2弾。
酒の会での残酒は、参加者の皆さんから持ち帰ってもらったのですが、この『睡龍 梅酒 生酛純米漬け』だけは冷蔵庫に入れっぱなしにしていたので、気づかれず残ってしまいました(ある意味ラッキーです) 四合位まだ残っていますので、晩酌用・試飲用としてフル回転してもらおうと思いまして、早速昨晩”とりあえず梅酒”でいただきました。

d0051031_11291360.jpg昨晩もメインは『名古屋コーチン』 
前日は肉の量に不満が残ってしまったので昨日は肉の量を倍にしてみました(笑)
かなりの量でしす!

お酒は久しぶりに『ひこ孫 純米』 営業中にお酒を補充していて、このひこ孫から『呑んでみないか!』と語りかけられた気がしたので、これにしてみました(笑) 呑んでみての感想としては『開栓したてなので味わいが平板で深みがない(時間が必要)が、間違いなく神亀臭と神亀味がして安心して呑み続けられる辛口酒』といったところなので、すき焼きに合わせて、十分納得の味わいでした!

今日のお昼も、お肉を使った『親子丼』のようです。
にしても、今日は寒~い!

人気blogランキングへ毎晩の晩酌が、次の日の活力へ繋がります!
by sake-genpachi | 2006-09-13 10:44 | 晩酌のこと
東京では全国各地から蔵元が集結し、燗酒楽園が盛大に開かれている頃、遠く離れた当店も負けじと『G8酒の会 秋の宴』を開催いたしました。
店頭のテントで秋の日差しを浴びながらやろうと考えていましたが、テントに収まりきらない20名近くの方に集まっていただけたのでテントが1つでは足りず、急遽店内に変更、テーブル・椅子等を運びなおし、お客様の到着を待ちました。
d0051031_14574397.jpg
一番乗りは、今回のG8会のメイン食材『名古屋コーチン』を手配・配達してくれたおがやんさん。この日のおがやんさんは、焼き係までかってでてくれて、お客様というよりは裏方として大活躍してくれました(感謝)


d0051031_14561587.jpg
開始時間の16時近くになるとお客様がポツポツ到着。そこですかさず、店内BGMを鯉川酒造 佐藤一良社長が歌う『DEWA33 ソング』にチェ~ンジ、透き通る美声を聴きながら、気持ちを高揚させてもらい『ミニ利き酒会』にチャレンジしてもらいました。


d0051031_14594738.jpg
今回呑んでもらおうと選んだ12本を新聞紙で目隠し、先入観ナシで利いてもらって、好みのお酒を探してもらいました。


この『目隠し利き酒』がなかなか好評、普段好んで買っている銘柄に”3”をつけがっかりしている人、”1”をつけた銘柄がこれまで買った事がないお酒で『これ美味しいんだね~』と嬉しい発見をしている人ありで、愉しんでくれているようでした。
d0051031_1510579.jpg
8割方集まったところで天遊琳『伊勢の白酒』で乾杯♪ このお酒も、初めて呑んだ方が数人いて『美味し~い』と驚き顔、勧めている僕も『美味し~い』の言葉に嬉しい笑顔です!

この後は、利き酒で気に入ったお酒から各々に呑んでいただき、外のテントでは肉や魚や貝や野菜が次々に焼かれ、出来立て熱々を食べていただきました。
ここでも『酒も旨いし、肴も美味しくて最高だね~』のお褒めの言葉をいただけて一安心。お燗番として、燗をつけるスピードも同時にUPしていたような気がします(笑)

          ★★★G8酒の会の”イイ”顔★★★
d0051031_15371561.jpgd0051031_15372239.jpgd0051031_15372979.jpg写真掲載のなかったお客様ス

d0051031_15374066.jpgd0051031_15383133.jpgd0051031_15383955.jpgミマセン、全員を撮れませんで

d0051031_1539996.jpgd0051031_15391819.jpgd0051031_15392678.jpgした。又ブレ過ぎも却下しました。

上の写真で皆が持っているお酒の他に、『松の司 純吟 アゾラ 17BY』 『飛露喜 特別純米無濾過生原酒 13BY』 『神亀 甘口純米』 『綿屋 純米吟醸 山田錦55% 16BY』等呑んでいただきました。

d0051031_1551886.jpgd0051031_15511763.jpg







会も終盤になると、お燗器1台では役不足となるほど、お燗が進んでいました。外で焼きに徹してくれていた米沢のU氏などは薬缶でお湯を沸かし、大好きな『悦凱陣 純米吟醸 赤磐雄町50%15BY』を一升瓶のまま、まさしく瓶燗して大事そうに抱えて呑んでいた光景が印象的でした。
≪お客様としてご参加いただいた方の中の数名、特におがやんさん&米沢のU氏には”焼き師”として終始お世話になってしまいました、お2人のその働きなくして今回のG8会は成立しなかったといっても過言ではありません。ありがとうございました≫

d0051031_16163755.jpgG8の会としては3回目の今回、1回目2回目と大番頭として盛大に音頭をとってくださったitachaさんが急遽仕事で不参加となってしまい、『僕と妻だけで大丈夫?』と内心不安でいっぱいでしたが、心配を他所に、他のG8酒脳のそれぞれからのお力添えで何とかやり遂げることができました。
今回の反省を踏まえて、4回目の『G8酒の会 冬の宴』(未定)は更に『参加して良かったな~』と思っていただけるような会にしていければと思っています。ご参加いただいた皆さんありがとうございました。次回も是非、ご参加下さい。

≪焼き師のお2人は最後の最後、後片付けまで、そして笑顔でした(笑)≫

人気blogランキングへ毎晩の晩酌が、次の日の活力へ繋がります!
by sake-genpachi | 2006-09-11 13:56 | 飲み会のこと

鉄板焼きに冷卸

d0051031_11354227.jpg入荷してきたこちら
【東北泉 八反錦 純米 ひやおろし 】
の面をみていたら、鉄板焼きでジュ~ジュ~焼いた野菜と、冷たいこれでキューッとやりたいと思ってしまい、またまたこのコンロが卓上に上がりました(笑)

コップに入ったお酒からは、酸を感じさせる香りがまずは目立ちます。フルーティーな香りというよりは、お米らしい、そんな香りです。呑んでも、強めの酸味が具合良く広がり、そこにお米のやさしい甘味が絡まるのが印象的です。しかも、その厚みある味わいが舌の上にジワッとのってきてしみこみ、最後はビリッと辛く感じさせる、といったところでしょうか。
温めたのも呑んでみようと、50度位を狙って温めましたが、逆に厚みが平坦になってしまい物足りません。寧ろ今は、その後の燗冷ましでまとまりがいいようでした。

豚ばら肉の脂身部分をとりあえず焼き、その脂が垂れてきたところにナスを絡ませると、脂を吸った茄子がイイ紫色に色づき、甘味が全面に出てきてウマ旨で、フハァフハァ~♪次から次へと焼いていき、写真の大皿に盛られた大盛りの野菜をペロッとたいらげた、そんな晩酌♪

人気blogランキングへ毎晩の晩酌が、次の日の活力へ繋がります!
by sake-genpachi | 2006-09-08 12:25 | 晩酌のこと